引越し費用はこび屋軽貨物

引越しの費用は各引越し業者によってさまざまで、明確な基準はないとさえ言われています。

例えば同じ移動距離の同じ引越しでも依頼する業者によって、数万円~数十万円の料金の差がでてしまうこともあります・・・
しっかり見積もりを取って値段交渉することが重要で、それをするかしないかで料金に大きな差が出ます。

まずは下記ランキングを参考に一括見積もりを依頼してみましょう!

引越し見積もりサイト実力ランキング

1位:引越し侍

・主要な引越し業者をほぼすべてカバーしています。
・引越し見積もりサイトの中で2015年度実力No1の評価を得ています。

単身引っ越しで絶対にやってはいけないこと

社会人2年目での転職をきっかけに引っ越しを決めました。
以前からお世話になっている引っ越し業者さん(アート引っ越しセンター)にお世話になることに決め、早速電話をかけたのですが・・・

一人暮らしだったのと、周りに相談する親しい人もおらず、電話口で、引っ越し荷物をかなり少なく見積もって伝えてしまいました。家に来て見積もりを取って頂くことも出来たのですが、当時とっても散らかっていたため、口頭で大丈夫です、と、見える範囲分かる範囲で荷物を伝えてしまったのです。
見積もりは考えていたよりとっても安く、うきうきして引っ越し準備を始めました。

仕事をしながらの引っ越し準備。当然、引っ越し日ギリギリまで荷物を一人で段ボールに詰めるはめに。わたしが女性であることは問題なかったのですが、部屋もそれなりに散らかっていたので本当に焦りました。
そして、引っ越し前日にひとつの問題が発覚するのです。
段ボールが、頼んで持ってきて頂いた量より圧倒的に足りなかったのです。
ただ、さすがに引っ越し前日。
誰に頼むことも出来ないので、当日少しくらい持ってきてもらえるだろうなと勝手に判断し、作業をある程度まで終えて中断し、その日を終えてしまいました。

引っ越し当日。引っ越し業者の方が来るなり段ボールを頼むことに。幸い、少しだけ予備があったそうなので、お言葉に甘えていただくことに。
そして作業がどんどん進行し、数時間後、
「では、これから運びます!」という声を聞いたとき、二つ目の問題が発覚しました。

まだ部屋に、そこそこ家具が残っていたのです。
これらはどうすれば・・・と困っていると、「電話で伺った荷物の量から判断して一番小さいサイズのトラックで来ておりますので、ギリギリまで載せましたがもう載りません・・・」と。そして新居へと走り去っていってしまいました。

泣いても笑っても、退去は二日後。
焦って、もとの会社の上司に相談し、やむなくバンをレンタルして残りの家具を運ぶことになりました。
その日はどしゃぶりの雨で、当初電車で新居に向かう予定が、高速代も余計にかかってしまいました。

100%わたしの過失です。
家に実際お越しいただいて、しっかり見積もりをとってもらっていれば、最低限の出費ですんだでしょう。時間もお金も体力も無駄にしてしまいました。

その後、次の引っ越しの際は、しっかり自宅にきて見積もりをとっていただくことができました。
二回目もアートさんに頼んだので、ほんの少し割引もして頂けたので、勉強にもなりました!